デビットカードとは、
クレジットカードと同じようにお店等で決済に使うことができるカードです。
クレジットカードとの違いは、購入代金分が即時銀行口座から引き落とされることです。

デビットカードは、銀行口座に入っている現金を使うことができるので、
現金とクレジットカードの中間のような存在です。

クレジットカードの場合、クレジットカード会社がお金を立替えてくれるので、
後払いでお金を払うことになります。
なので、上限金額までならいくらでも使うことができます。

デビットカードの場合、クレジットカード会社がお金を立替えるわけではなく、
前もって自分で銀行口座に入金しておいて、そこから支払います。
なので、銀行口座に入っている金額分が上限になります。
引き落とされた瞬間に、いくら引き落とされたのかをメールなどで確認することができます。
銀行口座に入れておいた分しか使うことができないので、使いすぎを防げます。

クレジットカード会社は立替をしないので、一切リスクがありません。
このため、審査はクレジットカードのように厳しくなく、
中学生を除く15歳以上の人が、作ることができます。

デビットカードの使い方は、クレジットカードと基本的に同じです。
デビットカードにもVISAなどの国際ブランドがあり、
VISAのマークがあるお店でデビットカードを使うことができます。