自動付帯とは、
クレジットカードに付いてくる旅行傷害保険の条件の1つです。
クレジットカードで買い物をしなくても自動的に保険が適用されます。

なので、自動付帯のクレジットカードを家に置きっぱなしで旅行に出かけていたとしても、保険は適用されます。
年間で一度も使っていなくても、保険は付いてきます。

例えば、最高2,000万円の保険が自動付帯でついてくるクレジットカードを持っていたとします。
もし、海外旅行の飛行機で事故に遭った場合、
自動的に勝手についてくる保険なので、そのカードで何かをしていなくても保険が適用されます。

自動付帯のカードは持っているだけで効果を発揮するので、サブカードに向いています。
年会費無料で自動付帯の保険が付いてくるクレジットカードは、持っていても損はありません。

自動付帯とは別に、クレジットカードで飛行機代を支払わないと保険が適用されない、利用付帯というものもあります。