サイン(署名)とは、
クレジットカードの裏面に、契約者にしか書けない文字などを書くことです。
クレジットカードを使う前に、カードの裏面に必ずサインをしておく必要があります。

例えば、クレジットカードを使って買い物をすると、
クレジットカードをお店の人に渡したあと、サインを書いてくれと言われ、ボールペンと一緒にレシートを渡されます。
レシートにはサインを書く欄があるので、そこにクレジットカードの裏面に書いたサインと同じものを書きます。
この時、お店の人はクレジットカードのサインを確認しています。
レシートに書いたサインとクレジットカードのサインが同じものかどうか、
本当にクレジットカードの持ち主なのかどうかを確かめる義務があるからです。

カードの裏面に書くサインは、一般的には、自分の名前を漢字やローマ字で書きます。
絵文字や記号などでも大丈夫だったりします。
なぜなら、お店の人にサインを求められた時に、
クレジットカードの裏面のサインと同じものを書くことができればOKだからです。

ただ、記号など簡単なものだと、誰にでも真似できてしまいます。
一番オススメなのは、普段から書き慣れている自分の名前です。
漢字でもローマ字でも大丈夫です。
他人には筆跡は真似できないので、不正を防ぐことが期待できます。